So-net無料ブログ作成
検索選択

Runtimeを追加してみる [操作]

ぽざ7Jを導入してから ぽざ6フィギュアも使いたいなと
思うことがしばしばありますよね。

ぽざ7は、Program Files → e-frontier → Poser 7J に。
ぽざ6は、Program Files → Curious Labs → Poser 6J に

標準でインストールされています。

親切なのか、BUG前提なのか上書きインストールじゃないっていうことですね。

っていいうことで、ぽざ7から 直接ぽざ6のRuntimeにアクセスできるようにしてみたいので、試行錯誤してみました。

Runtimeは、ぽざ7直下と、ダウンロードしたコンテンツを保存するフォルダ
二つデフォルトに用意されているものが存在しています。

これにぽざ6用を追加が目標です。

フィギュアのプルダウンをクリックすると一番下に目的の
「新規Rumtimeの追加」が出てきますね

 


これを選んで、Poser 6J → Runtimeを選んであげると無事、
Poser 6Jが無事追加されました。

 

ちなみにPOSER7のリファレンスマニュアルで、47ページから書かれているのですが、うんまぁ わかりづらいというかなんと言うか。

早速なんで、ぽざ6のねこと ぽざ7の猫を同時に呼び出して見ました。
やはり細かい点は ぽざ7が良く出来ていますね。
カメラ目線などは ぽざ7じゃないと出来ません。

 

右が7付属 左が6付属のねこちゃんです

クロスシミュレーションをしていると、フィギュアが壊れてきたりと
まだまだ不具合はあるみたいですが、徐々にぽざ7へ 流れて
しまうのかもしれませんね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。