So-net無料ブログ作成
ソフトウェア ブログトップ

試運転してみた~ [ソフトウェア]

久しぶりの自作マシンも、どうにか稼動できるところまでこぎつけました。

それにしても自作PCですが、ファン音がうるさいんですよ~。
なんか制御するソフトがママンのドライバCDに入っていたので試してみました。

ママン(マザーボード)に付属しているAI SUITEというソフトです。
昔はファンコントローラを購入して自分で調整するのが通だった気がするんですけどね。
最近のママンは、直接ファンを制御できるんですね。
すごいなぁ しかも最近はママンに3Dゲームがついてくる事が不思議ですけどね。

さて、このチューンupソフトでファンの設定をOptimalから Silentに設定してあげたら 
明らかにわかるほど 静かになる変化がありました。
リアファンは12cmファンなので少し回転数を落としても
エアフローは大丈夫ですからねぇ
これでファンノイズもかなり改善されたので、ソフトを入れ始めました。

Poser7をやっとインストールできたので、久しぶりにシドニーちゃんを
呼び出してみました。

かなりPoser7ってインストール時間かかりませんか???わたしだけ・・・?
インストールしたばっかりで みきてぃとかインストールができていないのよねぇ・・・

この画像がレンダリングした結果です。

ぱっと見たらリアルなのかバーチャルなのかわかりませんね(笑

ちなみに変更した項目は・・・

レンダリング処理のスレッド数を 1、2と変更して比較してみました。

CPUが二つ認識されていますね。

スレッド数は1にしてあります。つまりデフォルトですね。
う~ん せっかくのコア×2なのに両方とも50%ずつしか負荷がかかっていませんね。

こちらは両CPUともに激しく計算をしています。

動かしてみた感想としては、
 グラフィックボードも以前に比べかなりランクアップしているから
 表示はかなり快適ですね。

 メモリも奮発して2GB。
 ちょっとやそっとじゃ 重くなりませんね。

できればサブ機(Athlon64 3200+)マシンとレンダリング時間の比較をしてみたいな。


poser7 シドニー 好きになれそう [ソフトウェア]

仕事が忙しくて、ほとんどいじれていないのが残念ね。
毎日少しずついじっているけど、毎日発見があるから
今が一番蜜時なのかもねぇ

ぽざ7の新しい女性フィギュアのシドニーですが、
標準で衣装が少ないから、なんとなくジェシーが
良いなぁと思っちゃうんですよねぇ

ってことで一枚作ってみました。

 

ちょっちお顔もいぢって瞳もカメラに向くようにして
髪の毛もあわせて見たら、意外といいかんぢぃじゃない?
っていうか、デフォルトの顔が怖過ぎだと思うのは
うちだけかしら・・・

ってことで、まだまだ未知な領域のファイルについて試行錯誤してみています。

 

CR2ファイルの意味を調べているけど・・・。

マニュアルを眺めていると作られるファイルの意味が書かれています。

> キャラクタ: 各キャラクタファイルには、リファレンスジオメトリ、
>「ジョイントエディタ」パレットモーフターゲット、マテリアル、
> デフォルトポーズなど、Poser 7 キャラクタに必要な情報がすべて
> 指定されています。これらのファイルの拡張子は.CR2 です。

Characterファイルと言われてもイメージが良く分かりません。

またたくさん専門用語が並んでいます。

なんとなく眺めていると、Objファイルと比較して
Objは、ポリゴンのファイルとすると、
cr2は、そのobjの骨組みやテクスチャなどの情報を司っている
感じじゃないかなぁ~?と少しイメージが見えてきた気がします。

わたしの疑問ですが、
 そのファイルはどうやって作るの?呼び出すの?ということです。

pz3ファイルは、objもcr2も含まれているような気がします。全部入りね。
そう思っているだけで、自信はありませんが。

 

フュージョンと言ったらこれですよね?あんまり突っ込まないで(ノノ*)
このとき、右側を頑張って作って2体目は保存した形状を
そのまま貼り付けて、左右反転させました。

なぁんとなくキャラクターファイルの意味がわかってきたような
わからないような。

もっといろいろファイルを調べてみようと思うのよ

 

 


猫に小判・・・ [ソフトウェア]

水曜日の時点でメールが来ていたから届くのは知っていたから
帰りの足取りは軽いのね~(笑

早速届いていたので、うがい手洗いもせず開けてみたんですが・・・


いくらなんでもUG(アップグレード)だからってあまりにも寂しい箱じゃない?
なんかこう綺麗な化粧箱を期待していたからなんかしょんぼりぃな・・・

ちなみに勢い余って Poser7のUG(アップグレード)と同時に
Shade9のUGも申し込んで送料無料にしたのよねぇ(嗚呼 無駄遣い・・・

インストールは、残念だけどきっと週末ね。

ちなみにお得なクーポンコードが付いていて、それで
 (1)海洋生物のフィギュアセットと
 (2)テライユキ ジェシー ミキのメガネセット
が貰えるのかぁ ミキ買っちゃおうかな?と思う今日この頃。

後、コンパラのお買い物が10%安くなるクーポンコード付ですね。
ただし3回限りってところが微妙ねぇ

うちは まだまだ使いこなせていないから、お金払ってまで
コンテンツを買うわけには行かないと思っていたけど、
お金払っているんだからと逆に頑張れるかな?と悩んでみる。


ということで、本題に・・・フィギュアの違いについて見てみたん。

Poserで見ても良くわからなかったんで、
Shadeでフュージョン使って読み込んでみました。

 

先ずはハイレゾのジェシー 陰線消去のワイヤーフレーム

うっひょ~ 細かいねぇ 特に顔の辺りが凄いなぁ


次は普通のジェシー 陰線消去のワイヤーフレーム


見た感じHIRESより間隔が開いているのがわかりますねぇ

そのぶんアップになると角ばっちゃうってことなんだろうけど、

データ数が少ない分 処理は早くなると思うけど、どちらも

一長一短ってことでしょうね。

HIRESはレンダリング時間も延びるのね。
かなり細かく作られている分いろいろ計算に時間がかかるんだろうなぁ。
ノーマルだとアップで 肩が角ばっているから気になるようなら
HIRESを基本で作ると良いんでしょうね

 

それにしても、cr2ファイルが良くわかんないんです。
あちこち見て周ったりしているけど、なんの理由で存在するか
感覚でわからないのが寂しいです。
pz3のようでもあるし、意味合いが違うんでしょうね。
この辺をもっと攻めたいですね。


ソフトウェア ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。